その他

マスクいつまで品薄?入荷情報まとめ(2020年4月)

マスクいつまで品薄?入荷情報まとめ(在庫あり)

新型コロナウィルスの流行によりマスクが世の中から消えてしまいました。

マスク転売問題が発生し、大量に生産をしていてもなかなか需要に追い付かないという状況が続いています。薬局やスーパーなどではマスクの購入制限や売り切れが当たり前のおかしな状況となっています。

新しく生産されたマスクはどこに行ってしまったのでしょうか?

あなたの悩み

マスクがなかなか手に入らない!感染予防でマスクが欲しいんだけどどこで売っているんだろう?


というあなたの悩みの助けになれば幸いです。


この記事では使い捨てマスクの代替え品や再入荷、定価で購入できる店舗やネットショップについて調査し掲載します。

コロナウィルスの飛沫予防としてマスクが必要ですが、他には手洗いという最も基本な感染予防を行うのがよいですね。

利用するのはなかなか勇気がいりますが、電車のつり革に触るときに「使い捨て手袋」を使うということも検討したほうがよいかもしれません。

本当の流行となってしまった場合は、使い捨て手袋も手に入らなくなるでしょう。
ストックしておけるうちに欲しいアイテムのひとつですね。


マスク情報




相変わらずマスクは高いですね。
まだ売っているだけましです。

使い捨て手袋

電車のつり革など消毒が難しい場所での手を通じてのコロナウィルス感染を防ぐには、使い捨て手袋も効果的です。

利用してる人もいますが、まだ少数です。
本格的に感染拡大となれば使い捨て手袋は確実に品薄になるでしょうね。



使い捨てマスクの代用品は?

使い捨てマスクは便利ですが、先程紹介したようにかなり割高です。
または、店頭で並んで買うなどをしなければなりません。

使い捨てではなく、洗えるマスクであれば、面倒ではありますが、洗うことでコロナウィルス感染が拡大するまでの間の期間をしのぐことができるでしょう。

洗えるマスクの効果

・喉の保湿・加湿
・花粉の予防
・風邪の予防


洗えるマスクは価格が高騰していません。

手間さえかければコロナウィルスの予防をすることができますね。

使い捨てマスクはいつ再入荷する?

ニュースではマスク製造会社は24時間フル稼働でマスク製造を行っているとのことです。

4月頃からは1週間で6億枚行き渡る状況となっているようですが、需要が大きすぎてどこでも手に入る状況とは程遠い状態です。

使い捨てマスクの穴場の売り場・定価販売店

スーパー薬局、コンビニなど小売店であれば、価格は定価以上で売ることはないはずです。

他にマスクを扱っているお店

ホームセンター
西松屋など子供用品店
個人の薬局
家電量販店



マスクは一定の効果はあるもののやはり手洗いが大切になってきます。
マスクはさらに感染防止を強固とするためのものです。
ウィルス感染防止なら洗えるマスクを使うことが大切ですね。

次亜塩素酸水は手に入りやすいが効果的

次亜塩素酸水はコロナウィルス感染予防に効果があるといわれています。


また空気清浄機でジアイーノという商品も高価ではありますが、コロナウィルス対策として売れています。


マスクだけでなく効果が見込まれる商品は他にもありますので臨機応変にいきたいですね。

マスクはいつまで品薄で在庫あるの状態はいつになるのかのまとめ

マスクは花粉の時期ということもあり、手に入らない状況が続いています。

生産は増やしていますが、医療関係者に優先的に回せば一般販売はどうしても数が少なるのは仕方が
ないですね。

小学校、中学校で1枚配るという方針も出ています。
コロナウィルスは日本は瀬戸際の状況ですが、世界で感染が拡大している状況です。

買占めをする人たちへの罰はどこにいったのでしょうね。
転売屋が儲からないとわかれば手を引いていくことが分かっているのにそのままというのが問題なのかもしれません。

まだ手に入れるのは厳しいですが、少しづつ流通してきているように感じますね。

-その他

Copyright© アニメ・映画大好きなノンタのおすすめ動画 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.